ゲストハウス花野で年越しとは、なんとーーー◎しゃんてぃ。。な。あわわわわわわな元旦。前編


明けましておめでとうございます、ハダシです。今年の大晦日〜◎〜元旦はどこでどうなるやらと、まるで年越し〜な正月〜な宴を千夜一夜重ねて来、、今年は、なんとーーー淡路島の『ゲストハウス 花野』を贅沢にも僕ら2x4組=8人で貸切って年を越しました。

 

ここには以前に仲間達の展覧会とLIVEに来て宿泊したことがあり、ここはラビラビやhouちゃん、ユライやPEACE-Kくん達といった大好どころのLIVEや自然食のワークショップなんかも色々とやっているゲストハウスなんです。ここの合いがけ3種curryや朝のナチュラルブレッドも絶品でしたが、店内裏、奥へ奥へと、、進むにつれ、むむむなパッションがDIY古民家で、ヌヌヌなゲルと花野五人家族の住居兼宿泊エリア、、裏直ぐ浜辺、、テトラポットのグラフィカルなリアリティー、浜辺で馳け廻る無邪気な子ども達、、

ここは何と言っても、僕の気に入った稲中な人、上げアツイ男店主の花野恵介氏に、なんかやられっぱなしで、しかも、四年程でこのユートピア・ヤポネシアな空間を創り上げた花野家族に巡り合えたのが、何よりの励み、兆し吉兆。リスペクトそのグッドバイヴゥレーション、PENISU~K!¡!¡ 脱帽、だっふんだ〜、からのダイジョウブダ〜、、◎、、と、なんか大丈夫な気にさせてくれる男です。こんな美味しいヒジキを採って来てくれるのも花野恵介氏です。ケイスケ君に感謝と驚きと、、友情、、感じました。。またここに来たくなる、宿泊したくなるお店、◎僕たち皆惚れ惚れ惚れた、日本一いけてるゲストハウスへ是非。

 

この日の夜は、すき焼きを皆で持ち寄り鍋で頂き、ダイム君が一番やりたがってたゲルで年越し宴も、合い叶いました、ケイスケ君の初詣あない付きで。翌朝、カイラスコウボウの皆んなで突いた餅で、鍋の残りの雑煮麺〜。。。

そして、淡路島の巡礼に皆で旅たつ。〜 神籬石 〜磐座巨石あれは思いの外すごかったわ)))) つづく、、