これぞ山水の瞑想◎これを「水リンガ」と命名する。


こんばんはハダシです。ご無沙汰して候、あれやこれやと話題続きの日々を伝えきれない、毎日がハプニング・シャンティー。こつこつのコツ。

 

カラっとアツい夏 六月十八日◎曜日 西国▲三十三所〼観音霊場 第四番礼所「施福寺」へ巡礼して参りました。先月は五番礼所「藤井寺」へ三人で行きましたが、今月は四人で巡礼です。わおっ!なんと楽しい。。

 

三十三番目から逆順に巡礼を始め二十数寺は一人で毎月一寺ずつ回ってましたが、誘えば友と二人で、三人で、四人でと、自然に増えて参りました。みんなで行くのも楽しさ、美味しさ、笑いも倍倍増〼〼やな。おっちょん!

 

今月の巡礼参加者、ハダシ、ミチコ、ダイム、ポーリン、の四人です。滋賀から大阪和泉市へ車ででぇじハイウェイ キッチンさぁ〜。なんくるないさぁ。噂では一番の難所とも云われる山の石段もなんのその、道中様々な発見や自然に対する感動で疲れも知らずに玉の汗で山頂の本堂へ。今月も無事に御朱印を頂きました、皆に感謝を奉る。オンマニペメフン

後、三寺+番外三寺の六回六月。。。「三十三ヶ月+三ヶ月の三年念仏厄修め」です。

 

写真の白い仏塔は、実はただのFRPでできた貯水タンクでして、上から塩ビパイプで汲み上げた水が、ジョロジョボ、ボボロロー、ジョボジョロボッと絶えずタンク内部の水面へ落ちるポチャリ音を響かせいてる。それに引き寄せられ耳をあて聴いてみる、なんとも深いアンビエントにずっと聴いていたくなる。

背中をあてて身体で聴いてみる、葛城山の峰峰山山を展望しながら身体に直接、水の雫音が響き渡る。

なんと〜新感覚、不思議体験。ず〜〜〜と聴いていたい、これぞ山水の瞑想◎これを「水リンガ」と命名する。皆さんも是非、新感覚を体験しに施福寺本堂の手前の鳥居を上がって水リンガしてみて。

◎ハダシの世界裏珍百景認定です。裏ちん、ウラチン!水リンガ! ∩ 〜〜〜 ◎ 〜〜〜